KAPUKIの対丈着物

カラス対丈
洋服(しかも下はデニム)の上に羽織ったので簡易的な着方にも関わらず、キレイにきられました。
マイサイズで和装の下着を着用だとどれだけフィットするのかわかります!

日テレ朝のワイドショー、スッキリ「ゴールデンまなびウィーク」でも「最新モダン和装」として取り上げられ注目のKAPUKI 対丈&帯ベルトスタイル。
VERY専属モデルのクリス-ウェブ佳子さんも番組内でお召になった浴衣を羽織ってみました。

この浴衣、カラスの模様なのですが、実は白い部分がサギになっています。トロンプルイユと呼ばれる技法で、シュールさも感じられる大人の遊びゴコロたっぷりな一枚です。

この素敵な反物を対丈仕立てに

対丈は言わずと知れた、お端折りがない着物です。温泉の浴衣などはお端折りがないですよね。ただただ、着物を身体に巻いて帯をする。
が、温泉浴衣だと後ろ襟や胸元、腰回り、裾周り、すべてが ”着物” らしくないですよね。
KAPUKIの対丈着物はは、お客様のサイズに合わせ、着物の着付けラインをしっかり考えて仕立てますので、着物を身体に巻くだけで、襟元から裾周りまで、美しい”着物”スタイルになってしまうのです。

温泉浴衣の帯に当たる着物を留めるもの=伊達締めなどで着物を留め、帯をするだけです。

対丈着物に帯ベルト

店主も対丈に仕立て直した夏着物に革の帯ベルト

着物がきれたら、次は帯!
KAPUKIの帯ベルトで一気に完成!
”帯ベルト”は従来の帯とは違い、結ぶ必要もなく、身体に巻き付け回してバックルで留めたり、差し込んだりするだけ。これでで帯も完成してしまうのです!!

進化した最新和装、自由な和装の着こなし。

着物をファッションとして着こなしてみませんか?